YASUTOMO SAKURAI

櫻井 康智

2015年新卒入社

櫻井 康智 イメージ写真

理系でも文系でも
エイムなら活躍できる。

大学では工学部総合機械工学科で産業用ロボットの研究をしていました。大きなラジコンを組み立てるようなワクワク感が楽しく、卒業後もエンジニアとして働ける会社を探しました。その中でもエイムは他社とは違うな、ここなら楽しく働けそうだと思い、就職を決めました。入社して驚いたのは、僕のような工学部系だけでなく、文系や情報系などいろんな分野の仲間がいたこと。3DCADの経験のないメンバーもいました。そんな彼らも今では一人前のエンジニアとして活躍しているので、大切なのは本人の資質なんだなと感じます。僕も負けないように頑張らないと。

新人研修は沖縄のリゾートで
3か月

エイムの特長は新人研修が沖縄のリゾート地で行われること。しかも4月〜6月までの3か月間。行き帰りの旅券や現地での交通費、宿泊費などはもちろん会社負担です。僕はそこに大きく惹かれました。なんて社員思いなんだと(笑)。研修の内容は社会人のマナーに始まり、自動車の専門知識、図面読解、材料工学など。その後は3DCADソフト「CATIA」の使い方を1カ月間集中して学びます。そしてしっかり勉強した後はしっかり遊ぶ。基本的に土日やGWは休みですから、同期の仲間とレンターカーを借りて沖縄中を観光しました。いちばん心に残っているのは、やはり透き通るような海の色ですね。

櫻井 康智 イメージ写真

「メイド・イン・自分」の
大型トラック。

初めての配属は大手の特殊車両メーカーでした。トラックやミキサー車などをベースに、企業の要望を組み込んだオーダーメイドの1台を設計する仕事。インパネにエアコンを追加したり、3人用のキャブを2人用に再設計したり、ホイールベースのフレーム幅を変えたりと、いろんなカスタマイズに携わりました。答えのない問題を解いていくパズルのような面白さがあり、完成したトラックを見たときは、本当に巨大なラジコンを自分で作り上げたような感動がありました。まだまだ経験は浅いですが、将来はSF映画やアニメに出てくるような小型飛空挺を設計してみたいです。そのためにも今はひたすら技術力を磨くのみ!です。

TEAM

YASUTOMO SAKURAI

HIROMI MIYAMOTO

YUKI HATTORI