TOP MESSAGE

す。

鈴木 幸典
代表取締役社長

エイムの歴史は、常にチャレンジの歴史でした。 創業当初から、自動車メーカーとの直接取引をめざし、3次元設計ツール「CATIA V5」を業界に先駆けて導入。コンサルタントやインストラクターを派遣することで業務を拡大し、 日本のトップメーカーに付加価値の高いサービスを提供してきました。 当初は反対されたル・マンへの参戦を表明したのも、世界一のエンジンを作りたいというチャレンジ精神から生まれたものです。おかげさまで、2年後のル・マンシリーズ英国戦で優勝。2010年の24時間レースでは、総合4位、ガソリンエンジン世界一という栄冠を手にすることができました。その時、得たものは、栄誉だけではなく、新たなフィールドの獲得。技術のノウハウはもちろん、世界とのネットワーク作りでした。同時に、エネルギー革命時代を見越して、未来のクルマづくりに必要となるモーター開発に着手。2013年、出力/重量比率が世界一のAPM120の開発に成功しました。

私たちのチャレンジは、年を重ねるごとにますます膨らんでいます。ヨーロッパでは当たり前のように行われてきた、企画、研究、開発、車両のテストなど、各部門のプロ集団づくりをはじめ、昨今何かと話題の3Dプリンタで最適化設計による製造の実現。さらには、エイム発のオリジナルEVの開発です。これらを達成するためには、これから何度も何度も大きな壁を乗り越えていかなければいけないでしょう。しかし、私たちは、どんなことがあっても決して諦めません。それは、チャレンジし続ける大切さを知っているからです。 人には、その人、その人、求めるものが異なります。ただ、それぞれの価値観は違っても、何かにチャレンジする精神だけは失ってはいけない。持ち続けてほしい。そう思います。 そして、私たちは、そんな皆さんのチャレンジに応える環境を約束します。 あなたが、これから挑むことは、エイムがこれから挑むことなのですから。